カテゴリー別アーカイブ: 3Dプリンタ

デルタ型のKossel Miniがやってきたので設定 その2

さて、、放置していたZ軸probeを使ってみる。

E3DV6を使うと、最初に付いてきたprobe台を使うとヒートシンクに干渉する。
2015-07-29 21.54.52
kosselでも何とか形になる出力はできるので、Mini Kossel Retractable Auto Bed Leveling Probe (for use with larger hotends)を出力。
2015-08-17 22.36.16

近くのホームセンターやアストロプロダクト(厚木)に行ったけど、コストパフォーマンスの良い1.5mmのヘキサレンチはなかったのでカインズホームに行ってみたら有ったのでそれにしました。

帰って合わせて観たのですが少し短かったので1.5mmの長いイモねじを接着剤で固定。

2015-08-17 22.50.56

次に最初に入れたFW(Marlin)の最新をDLして

のファイルを上書きしてましたが、まずは購入したサイトにあるFWに入れ替えました。

しかしG29コマンドを実行すると、訳の分からない動きをして。。。。ググった動画とはは全然違う動き。。。

3日間の試行錯誤のすえ解ったことは、

Z_MIN_ENDSTOP_INVERTINGが逆

付いてきたmicroスイッチはnoには繋がってな無かった。

G29コマンドのZ軸probeの有効化/無効化のモーションではうちの子は対応できない

G29で使ってるモーションを修正する手もあったが、なにか弄るたびにFWの書き換えは面倒なので新しくG30コマンドを追加してBed Auto Levelingのみをするようにしました。

29のケース処理をコピペしてdeploy_z_probe と retract_z_probe を削除。

そして、KISSlicerのG-code − Prefix にprobeの有効化/無効化のモーションとG30のコマンドを追加。
KISSlicer_PRO

 

G30コマンドを実行したときに出る値を観ると 最大2.5mmも違う。

Bedの高さ調整をできる機構を入れるかな。。。。

デルタ型のKossel Miniがやってきたので設定 その1

Z軸probeはとりあえず置いておいて配線して出力準備っ。2015-08-06 00.23.40

続きを読む

iBox Nanoクラッシュ?

iBoxNanoでの自作データの流し込みが、STLファイルをslic3rでSVG化して入れ込むのがわかったので(ここに書いてあった。)、入れては出力していろいろと試行錯誤していていたのですが。。。

いらなくなったデータを削除したら、下記の画面を表示した後本体がREBOOTするようになってしまった。スクリーンショット 2015-08-04 02.07.35

 

Settings->Advanced screen 遷移でSYSLOGが取得できるので取って見たら、

iBox配下を総入れ替えで直るのかな。。。コード追うかな。。。

デルタ型のKossel Miniがやってきたので組み立て。その2

次に、カーゴの組み立て。2015-07-28 19.34.06

続きを読む

デルタ型のKossel Miniがやってきたので組み立て。その1

iBoxが着弾して4日後にKosselMiniが着弾した。2015-07-27 19.45.25

購入は、builda3dprinterから。

続きを読む

光学な3Dプリンタ 「iBox Nano」 がやってきたのでとりあえず使ってみた。

KickstarterでbackerしていたiBoxNanoがやっと届いた。

2015-07-23 19.00.40

工場がどこうと色々有ったみたいだが、無事に届いた。

箱の中はこんな感じ。

2015-07-23 19.01.40
出してみたところ。

2015-07-23 19.06.30

※付いてきたUSBの電源アダプタ 黒い奴だと電流が足りなくて、起動しませんでした。
 HDMI経由でモニタ繋いだら、raspberryPIの起動時の右上にでる虹色BOXが表示されてた。
なので、ほかのHUBに刺したら普通に動作した。

2015-07-25 13.51.56
仕組み的には、この真ん中の液晶(反射板なし)を使用。
下からUVライトを当ててレジンを硬化させたい部分だけを透過して後はマスクする仕様っすね。

2015-07-25 13.53.33

この液晶はwifiの設定値やほかのメッセージも表示されます。

2015-07-25 13.58.44

クリアのレジンを頼んでので、使ってみた。2015-07-25 14.22.34

シャーレにレジンを入れて、最初から入っているデータを出力。
WEBインターフェースから選んでプリントアウト。Z軸は手動で最下まで移動してからやってみた。

2015-07-25 15.17.07

途中ではがれてしまった。。
YouTubeの動画は見ていたが、綺麗な面を削るのに抵抗有ったのでそのままやってみたが駄目だった。

2015-07-25 15.19.26

鉄棒ヤスリで適当に傷つけて、こんどはもう少し大きいモノをプリントアウトしてみた。

2015-07-25 20.34.41なんか、1部UVが漏れ漏れだったのか、膜ができていたが、まぁご愛敬。

まとめ。

  • 2cm×4cmと小さいサイズしか出力できないが十分かと思う。
  • PLAやABSに比べるとレジンが「もろい」、UVライトの強力なモノを当てればもう少し強くなるのかな。。
  • クリアが結構透けててLEDの光の取り回しには良いんじゃ無いかな。。
  • 普通のSTLファイルをどうやって印刷するかよく分からん。
  • ディフォルトの設定でここまで出力できれば良いんじゃ無いかな。(reprap経験者にはかなり容易い)
  • うちのは、制御をraspberryPIのA+でやっているが新しい奴はraspberryPI B+になったりしているので、色々と弄れそう。

RaspberryPiでpronterfaceのコンソール構築(その1)

以前、Webインターフェース化したのですが、RapRep使い始める前の儀式(各種設定とか手作業の部分)がしにくいので、使い慣れたpronterfaceをRaspberryPiで動かそうと思ってやってみた。

まず、コンソール用に小さめの液晶購入してみた。

2015-07-02 22.25.27

さらに積んであった、RaspberryPi Model B+を出して、SDにOS入れる

ここを見ながら、Setting up a Raspberry Pi as RepRap host controller

が見つからなかった、ググってみたら

になってるらしい。
実行してみるとちゃんといけました。

つぎにTK libraries for Python をインストール

最後に、gitでprintrunを取得。

とりあえず、X-Windows起動してターミナルから

で起動するのを確認。

次に
HDMI 4 PI: 7″ DISPLAY W/TOUCHSCREEN 1024X600 W/ MINI DRIVERをセットアップ

そのまま指して認識はするが、サイズがちゃんと認識しないので、
2396 – 7″ Touch Display 1024×600 – Mini Driver
を参照して、/boot/config.txt を修正

こんな感じになった。
2015-07-04 12.42.05

つづくよ。

OctoPrintでWebインターフェース化

RaspberryPi2が入手できたのと、mac−miniがストレージサーバーに占有されたのでOctoPrintをRaspberryPiに構築

とりあえず、最新のImgを焼いて実行したら、起動時にワーニング。。

warn 取りを以下のサイトを見ながら対応。
Raspberry Piをさわってみた -②

本体は、Raspberry PiにOctoPrintを入れてWebブラウザから3Dプリンタを制御するをみながら、インスト。

自動起動は色々と試してみたのだが、結局、rc.localに

として、
/home/pi/bin/octoprint.shを作り中身は、

としました。(※mjpegの位置はしくってますが、そのままです。。。)

OctoPrint

カメラの位置やRaspberryPiのカーゴとか色々検討中ですが、基本放置でw

あと、緊急停止とか電源強制ダウンしかないかな。。。

Foldarapように RAMPS 1.4を設定してみた。

昨年末から、放置しまくっていた、Foldarapに手を付け始めました。
制御系をどうしようかと考えているあいだに本業のせいで手を付けられなかったのですが、少し時間が出来てきたので、会社で組み始めました。

2014-10-08 14.24.50 2014-10-08 14.25.05本題のRAMPS1.4ですが、RepRapDiscountでかなり前(2013/12)に購入していたモノを使います。

2013-12-30 15.51.38

Mendel改は職場に置いておき、Foldarapは自宅に持って帰ろうかとおもっています。

まず、最初にビックリしたのがステッピングモーターを付け電源を入れると各ステッピングモータが右に左に2秒間隔くらいで回り続ける事でした。

いま思えば、「出荷前の動作確認用のFW」が入ってたんでしょうけど、ビックリしました。配線見直しても悪いところないし、、、温度センサー等を付けないと正常動作しないのかな?と思ってもいたのですが、ちゃんとGコードに乗っ取って動いているみたいでした。。シリアルにGコードが流れてました。

さて、FWの入れ替え無いとと言うことで、以下のモノを落としてきます。

※2014/10/07時点での最新はLCDを有効にするとコンパイルエラーになるので、タグのモノを持ってきました。

そして、適当にConfiguration.hをいじりUpload。。。。

このとき、Configuration.hの

は、そのまま(有効)でUploadしてしまいました。

TEMP_SENSOR 系の設定を間違えているのに気がつき、修正→Uploadしようとしたら、Timeoutが発生してFWの更新が出来なくて焦りました。

なんせ、ブートローダーを書き換えられる機材なんか持ってないですから。。たぶんボーレートの設定なんてどっかに有るだろうと思って漁ってみたら、ありました。

のファイルの中に

ここを

に変えてUpload出来る事を確認して一安心。

ネジ類を自宅に置いてきてしまってこれ以上組めないので、ここまで。

HotBedをどうしようか悩み中です。。。

osx mavericksにしたせいか、pronterface使用中に別アプリ弄ってると、結構な頻度で一時中止する。。。

ツイートしたものをまとめ

あああ、osx mavericksにしたせいか、pronterface使用中に別アプリ弄ってると、結構な頻度で一時中止する。。。 操作止めると普通に動き出す。。。

OS X Mavericks:アプリがバックグラウンドに回り反応しない場合は、消費電力を節約する「App Nap」を無効にしてみる | Mac OS X | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

ビンゴでした。

アプリを再起動しないと適応されないぽいので要注意。